四日市の山手、小林町、山田町、および波木町の足見川左岸(北岸)の山林約100a にメガソーラー計画があり、現在県条例による環境アセスメントが進められている。事業主は東京の会社(代表者 金田直己氏)であり、同社は四日市桜町にも同様なメガソーラー計画を進めている。

当会の調査でここ、足見川左岸(北岸)の山林がサシバの繁殖地であることが明らかになった。この地域では2009年および 2013年にもサシバが観察されており、永続的な営巣地であると判断された。また、オオタカつがいによる採餌(狩り)も観察された。当会は8月1日、三重県知事、四日市市長に対し、この地域を保全し、メガソーラー計画をやめさせるよう、要請した。また、会社にも同趣旨の申し入れを行った。この内容は同日三重県庁記者クラブで記者会見を行い明らかにした。毎日、読売、中日、伊勢の各紙が取り上げ、翌日朝刊に掲載された。


以下に県知事・市長あての要望を記載します。
要望内容(三重県知事あて:前文は略)
1)当該ソーラー予定地を全面的に里山生態系保全区として保護してください。そのためには予定地におけるソーラー事業は中止すべきとの知事意見を表明し、計画の阻止のために努力していただきたい。
2)里山生態系保全のために、この山林と周辺水田も含め、自然環境保全条例にもとづく、保全地域への指定など積極的保護策を取っていただきたい。
3)自然エネルギー利用が自然環境を破壊しないように、県内全域のゾーニング、地域別総量規制など、有効な措置を取っていただきたい。

≪要望書のPDF≫四日市足見川メガソーラー予定地についての要望(県知事宛)

要望内容(四日市市長あて:前文は略)
1)当該ソーラー予定地を全面的に里山生態系保全区として保護してください。
そのためには、予定地におけるソーラー事業は中止すべきとの意見を表明していただきたい。
2)里山の自然は、四日市市民にとっても環境教育などで必要であり、豊かな自然を持つことは市民としても誇りになります。生態系保全のために、予定地周辺水田も含め、積極的保護策をとっていただきたい。
3)四日市市では、これまで工業優先の施策が行われ、周辺の里山は工業用地造成、道路建設等により破壊されてきました。今再び貴重で広大な里山を破壊してしまうのは、四日市行政に重大な汚点を残すことになります。条例などを設定し里山の保全を図っていただきたい。
4)当該ソーラー建設による雇用や税収の増加などの期待は微少であり、地域住民にとって害があってもメリットが少ない事業と思われます。
是非事業の中止をお願いしたい。

≪要望書のPDF≫四日市足見川メガソーラー予定地についての要望(市長宛)

(平井正志)

愛知県瀬戸市の海上の森(かいしょのもり)は愛知万博の会場候補地となっていましたが、オオタカの棲息が確認され、その他植物も貴重な自然が残されているとのことで会場とならず、守られてきました。その海上の森の民有地のヒノキやスギの林がおよそ2ヘクタール伐採され、ソーラーパネルが設置されました。

設置した業者は2013年に瀬戸市に対し計画を提出しましたが、瀬戸市は万博の理念や下流の環境への影響を問題とし、瀬戸市土地利用調整条例にもとづき、中止を勧告しました。しかし、パネルは設置されてしまいました。愛知県は海上の森に「あいち海上の森センター」を開設し、同センターは開発を把握していましたが、森林法による規制など有効な対処ができずに終わっています。(以上朝日新聞2016 年2月16日付による)

≪参考≫ 朝日新聞DIGITAL ソーラー設置、愛知県などが現地調査 万博会場隣接

愛知県はその後設置業者が許可基準を満たすよう災害防止対策などを取れば事後的に許可する方針とのこと。(同2月26日付による)

≪参考≫ 朝日新聞DIGITAL 海上の森隣接の太陽光施設、事後的許可へ 愛知県

 

これに対し日本野鳥の会愛知県支部等の団体が、愛知県知事宛てに原状を復旧させるなどの要望書を提出しました。なおこの要望書には当会(日本野鳥の会三重)も賛同を表明しております。

≪要望書のPDF≫海上の森で違法に建設されたソーラー発電施設に対する要望書

太陽光発電については国が税制上の優遇措置、および高価な電力買い取り価格設定などを打ち出したため、ソーラーバブルを呼び起こし、各地の貴重な自然が蝕まれる結果となりました。

(平井正志)

12月22日(土)に浜田まさよし参議院議員、松阪市の山本節市議会議員、松岡恒雄市議会議員が五主海岸を視察しました。当会からは、継続的に五主海岸を観察している今井、野鳥記録担当理事の安藤、副代表の近藤などが参加し、雲出川河口から、五主大池、曽原大池を見てもらいました。

曽原大池はすでにフロート式ソーラーパネルの設置工事がかなり進んでいます。三重県の要望書にもあるように、セイタカシギが繁殖、ツルシギなど飛来する大事な場所が残念ながら消えてしまいました。

ボラ池を議員が視察五主海岸を含む中勢地区の海岸はラムサール条約の要件を満たしていること、生物の多様性を守るためには生存できる生態系を守る必要があることを話し合いました。五主海岸がすばらしい野鳥の生息地で、その貴重の生息地に突然開発されてしまうことのないようにするための方策が必要なことが確認できました。

 

曽原大池の様子このホームページの探鳥地のコーナーでも紹介している雲出川河口・五主海岸の曽原大池(ボラ池)に、太陽光発電施設「フロート式ソーラーパネル」が設置され、水鳥たちはいなくなってしまいました。

野鳥の会三重としては、県へ要望書を提出するなどの活動を行っています。

 

三重県知事への申し入れ

2015年12月15日 午後 平井代表と近藤副代表が県庁へ出向き、北野信久 県農林水産部 みどり共生推進課長、新谷成美 野生生物班長と会い、 県知事宛の要望書を手渡した。

松阪市三雲町曽原新田の曽原大池でのソーラーパネル設置が貴重な鳥類の生息に決定的な影響を与えている現状を説明し、さらにその他でもソーラーパネルの設置がチュウヒなどの貴重な鳥類の生息に悪影響を与えていることを説明した。

今後このようなことが起こらないよう、県として条例などでパネル設置を規制してほしい旨を伝えた。また、条例などが整備できない段階でも様々な県の影響力を行使して、自然環境を破壊することが無いよう、指導してほしい旨を伝えた。

さらに、津市、松阪市の海岸部をラムサール条約に登録するよう、県としても動いて欲しい旨伝えた。

その後の記者発表はあいにくサミット関係の会合と同じ時間であり、記者の大半はそちらへ出席し、伊勢新聞のみの対応であった。中日新聞からはその後、電話取材を受けた。また夕刊三重からも電話取材があった。今後、記事になるであろう。

(平井正志)

 

このホームページの探鳥地のコーナーでも紹介している雲出川河口・五主海岸の曽原大池(ボラ池)に、太陽光発電施設が設置されるということで工事が始まっています。そのため、残念ながら水鳥たちはいなくなってしまいました。

曽原大池の工事中の様子1

2015/10/2 重機による工事が行われている

曽原大池の工事中の様子2

2015/10/2 水鳥たちはいなくなってしまった

Language

3月 2017
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

三重県の雨雲の動き

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.