12月22日(土)に浜田まさよし参議院議員、松阪市の山本節市議会議員、松岡恒雄市議会議員が五主海岸を視察しました。当会からは、継続的に五主海岸を観察している今井、野鳥記録担当理事の安藤、副代表の近藤などが参加し、雲出川河口から、五主大池、曽原大池を見てもらいました。

曽原大池はすでにフロート式ソーラーパネルの設置工事がかなり進んでいます。三重県の要望書にもあるように、セイタカシギが繁殖、ツルシギなど飛来する大事な場所が残念ながら消えてしまいました。

ボラ池を議員が視察五主海岸を含む中勢地区の海岸はラムサール条約の要件を満たしていること、生物の多様性を守るためには生存できる生態系を守る必要があることを話し合いました。五主海岸がすばらしい野鳥の生息地で、その貴重の生息地に突然開発されてしまうことのないようにするための方策が必要なことが確認できました。

 

Language

2月 2017
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

三重県の雨雲の動き

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.