2017年1月28日にいなべ市大安町で行われた両ヶ池探鳥会の模様をお伝えします。

 両ヶ池探鳥会

この日は、朝から晴天に恵まれ11名の方が参加されました。

 西側の上池は水が抜かれ60%の水位でしたが、それでもマガモなどの多くのカモ類がいました。私たちのすぐそばにはキンクロハジロが泳いでいます。

マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、オカヨシガモキンクロハジロ

そしてホシハジロやミコアイサの雄も近くを泳ぎます。そして岸の近くいたイカルチドリが小さい体ながらも近づくオオバンを威嚇していました。

ミコアイサとホシハジロオオバンとイカルチドリ

遊歩道を歩いていると葦原の中にゴイサギの幼鳥ホシゴイがいて我々を見て固まっていました。そして雪の残る田んぼにはツグミがいます。

ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)ツグミ

葦原にはモズがいて干上がった部分にいる獲物を見つけると捕獲に向かいます。

モズモズ

南側にある防風林にはノスリがとまり、葦原の草にはシジュウカラが虫を探して皮を剥いていました。

ノスリシジュウカラ

約2時間の探鳥で見られた鳥は36種でした。この日は暖かな日差しの中、ミコアイサなど多くのカモやホシゴイが見られたので皆さん満足のいく探鳥会になったようです。

(toshi-sasama)

Language

6月 2017
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

三重県の雨雲の動き

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.