―木曽岬干拓地におけるチュウヒの繁殖と三重県によるメガソーラー設置などの開発問題―

木曽岬干拓地とは

木曽岬干拓地

1966年に農林省が農地利用を目的として愛知三重の県境の木曽川下流の干潟の干拓を始めました。 

1973年に干陸した干拓地の広さは443haです。周囲は堤防で囲まれ、土地は水面下45cm~50cmであり、流入する河川はなく、ポンプによる排水で現在まで維持されています。

続きを読む...

DSC 0102

ミヤコドリはとても目立つ白と黒の大型の水鳥で、海岸や河口に飛来し、オレンジ色のくちばしを上手に使い二枚貝を食べます。この種はヨーロッパからアジアまで広く分布しますが、日本に飛来するミヤコドリは東アジア飛行ルートに属し、このルートには約10,000羽が生息すると考えられています。日本では毎年400羽から600羽が観察されています。

続きを読む...

―ラムサール条約登録を目指して―

五主海岸

三重県中部、津市から松阪市にかけての海岸には豊津浦、町屋浦など自然の砂浜海岸が多く残されています。これは工業化の進んだ伊勢湾岸では珍しいことです。また、ここに注ぐ、雲出川河口から櫛田川の河口にかけては広大な干潟があります。また、安濃川河口には広い砂州があります。この海は豊かで、コウナゴ(イカナゴ)漁、アサリ採取、青のり(ヒトエグザ)養殖などの漁業も盛んです。また、潮干狩りでも多くの人々が楽しめる場所です。しかし、それだけでなく、野鳥をはじめ多くの貴重な動植物の生息の場でもあります。

続きを読む...

クマタカ

オオタカ、クマタカ、イヌワシ、チュウヒ、サシバなどの猛禽の三重県内の繁殖地はしばしば開発による破壊の危険があります。当会では保護が特に必要な繁殖地については繁殖状況を調査し、繁殖地保護に役立てています。

 

猛禽の営巣については、飼育目的でのヒナの密猟、野鳥写真マニアによる繁殖妨害の危険などがあるため、調査地、調査結果などの全面的な公開はしていません。しかし、差しさわりのない範囲で会員の方々に繁殖調査結果をお知らせしています。「しろちどり」76号には2005年から2013年までの中勢地方のオオタカ調査の結果を掲載しています。また、木曽岬干拓地のチュウヒ繁殖調査についても随時会報で公開しています。

続きを読む...

高松海岸には工事中の霞4号幹線の橋脚が並ぶ三重県北部の数少ない干潟である高松干潟では、四日市港管理組合(特別地方公共団体で、 組織は県や市などの地方公共団体に準じ、三重県と四日市市の合同で設置した執行機関と議決機関からなっている )が道路を建設しようとしています。

続きを読む...

三重県内の身近な自然環境の保護を訴えるため、2001年に県内の21ヶ所の重要な地域に ついてまとめた小冊子『身近な自然を守るために』(A5判39ページ)を出版しました。

続きを読む...

Language

8月 2017
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.