―蓮ダム、迷岳周辺の山域に大規模な風力発電計画―

計画地は国道166号の南側、蓮ダム湖の周囲の山地で、迷岳も計画地に入れられている。風車はこれまで日本ではほとんど建設されていない、4,200から-5,500 kw級を予定しており、最大では全高183 mもの巨大なものである。その風車を最大60基という、これまでにない大規模な風力発電の計画である。風車の建設は4ヶ所に分散して計画されている。計画地はすっぽり香肌峡県立自然公園の中。隣接する奥伊勢宮川峡県立自然公園も含まれる可能性もある。この山域は登山活動の活発な地域であり、また三重県内では比較的落葉樹が多く、一部にはブナ・ミズナラ群落も含まれる。高見山はサシバの渡りのルートであり、奈良支部による2006年から2012年までの調査では毎秋、800羽から1700羽のサシバが渡っている。今回の計画地はすぐその南に位置し、当然サシバが飛行するだろうし、影響が考えられる。

IMG 5448計画地に接する奈良県川上村ではイヌワシが棲息する。川上村に接する三重県側では1988年に三峰山付近でイヌワシの生息が確認されている。また、1991年には、計画地近くの池木屋山の北東斜面でイヌワシが観察されている。ただし、近年は調査が十分でなく、情報はない。また、当会は計画地周辺でクマタカを観察しており、計画地には数つがいが棲息すると考えられる。

また、計画地の一部は周辺の人家に近く、人間生活への影響も懸念される。

当会は2021年8月26日、アセスメント、環境配慮書に対して、建設に反対する意見を公益財団法人日本野鳥の会と連名で提出した。日本自然保護協会も、2021年8月30日、計画の中止を求め、意見書を出した。 地元松阪市内でも建設に反対する動きがある。

なお、環境配慮書は三重県庁栄町庁舎(津市)1階の情報公開課で閲覧でき、有料であるが、コピー得ることできる。

なお、合同会社 三重松阪蓮ウィンドファームのホームページからも閲覧できる。

http://www.miematsusaka-hachisu.rn-j.com/

― 市民に親しまれ、探鳥会も行われている鈴鹿青少年の森が伐採されてサッカー場に!! ―

県営鈴鹿青少年の森は、鈴鹿サーキットに隣接する丘陵地に1972年に作られた。敷地内に道伯池とそれに隣接する林を含んでいる。大半は落葉樹の二次林で、コナラ、アカメガシワ、アカマツなどが生育している。公園とするためにソメイヨシノやアジサイなどいくつかの園芸樹木が植栽されている。散策路が森の中を縦横に通じている。当地では鈴鹿市主催の探鳥会が開かれ、鈴鹿市在住の当会会員がリーダーを務めている。観察される鳥類は主に普通種であるが、40種が記録されている。ただ、特に貴重な鳥類は記録されていない。また、当地はウォーキングやジョギングの人も多い。

2020年10月28日 市長と株式会社アンリミテッドとの間で鈴鹿県営青少年の森に鈴鹿ポイントゲッターズのスタジアムを作るという合意が新聞発表された。事務方ではそれ以前から打ち合わせが進んでいたとのことである。建設場所は図の通り(緑色の部分)である。ただし、この図は当会で独自に作図したもので、精密なものではない。鈴鹿ポイントゲッターズは現在JFLに所属するチームで、将来Jリーグ昇格をめざしているとのことである。

青少年の森の用途の変更について事前に市民、県民の意見は聴取すらされておらず、またこの合意について新聞報道がされただけで市民には直接は伝えていない。当初2021年6月着工、22年9月完成の予定だったが、6月末でも着工していない。また、残された森についても何らかの手を加える構想が行政当局側にありそうである。

鈴鹿市在住の会員からは森を残してほしいとの声も強く、スタジアム建設に反対する声が上がっている。

202106stadiumplannedsite

―木曽岬干拓地におけるチュウヒの繁殖と三重県によるメガソーラー設置などの開発問題―

木曽岬干拓地とは

木曽岬干拓地

1966年に農林省が農地利用を目的として愛知三重の県境の木曽川下流の干潟の干拓を始めました。 

1973年に干陸した干拓地の広さは443haです。周囲は堤防で囲まれ、土地は水面下45cm~50cmであり、流入する河川はなく、ポンプによる排水で現在まで維持されています。

続きを読む...

木曽岬干拓地のさらなる開発の危険

木曽岬干拓地本年(2017年)7月、三重県の木曽岬干拓地担当者の話によると三重県のプロジェクト[木曽岬干拓地整備事業]に沿って干拓地のさらに南部を開発予定とのことです。そのために新たにアセスメントを実施する予定であるとのことです。前回のアセスメントでは173.7 haが対象となっていたため、残りの部分を対象としたアセスメントになります。アセスメントといっても前回のアセスメント(2001年―2005年)の事後調査が行われているため、今回は実地調査等を省略した簡略なものになる可能性も否定できません。

続きを読む...

DSC 0102

ミヤコドリはとても目立つ白と黒の大型の水鳥で、海岸や河口に飛来し、オレンジ色のくちばしを上手に使い二枚貝を食べます。この種はヨーロッパからアジアまで広く分布しますが、日本に飛来するミヤコドリは東アジア飛行ルートに属し、このルートには約10,000羽が生息すると考えられています。日本では毎年400羽から600羽が観察されています。

続きを読む...

―ラムサール条約登録を目指して―

五主海岸

三重県中部、津市から松阪市にかけての海岸には豊津浦、町屋浦など自然の砂浜海岸が多く残されています。これは工業化の進んだ伊勢湾岸では珍しいことです。また、ここに注ぐ、雲出川河口から櫛田川の河口にかけては広大な干潟があります。また、安濃川河口には広い砂州があります。この海は豊かで、コウナゴ(イカナゴ)漁、アサリ採取、青のり(ヒトエグザ)養殖などの漁業も盛んです。また、潮干狩りでも多くの人々が楽しめる場所です。しかし、それだけでなく、野鳥をはじめ多くの貴重な動植物の生息の場でもあります。

続きを読む...

クマタカ

オオタカ、クマタカ、イヌワシ、チュウヒ、サシバなどの猛禽の三重県内の繁殖地はしばしば開発による破壊の危険があります。当会では保護が特に必要な繁殖地については繁殖状況を調査し、繁殖地保護に役立てています。

 

猛禽の営巣については、飼育目的でのヒナの密猟、野鳥写真マニアによる繁殖妨害の危険などがあるため、調査地、調査結果などの全面的な公開はしていません。しかし、差しさわりのない範囲で会員の方々に繁殖調査結果をお知らせしています。「しろちどり」76号には2005年から2013年までの中勢地方のオオタカ調査の結果を掲載しています。また、木曽岬干拓地のチュウヒ繁殖調査についても随時会報で公開しています。

続きを読む...

三重県内の身近な自然環境の保護を訴えるため、2001年に県内の21ヶ所の重要な地域に ついてまとめた小冊子『身近な自然を守るために』(A5判39ページ)を出版しました。

続きを読む...

津市と伊賀市にまたがる経ヶ峰とそれに続く山域に風力発電計画が持ち上がっている。

東京の「株式会社グリーンパワーインベトメント」なる会社が「平木阿波ウィンドファーム」および「ウィンドファーム津芸濃」の互いに隣接する2つの計画を作り、現在アセスメントの方法書が縦覧されている。

続きを読む...

Language

9月 2021
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.