Narcissus Flycatcher 

(Ficedula narcissina)

キビタキ

黒と黄色、それにオレンジ色の鮮やかな夏鳥。オオルリと同様に空中の昆虫を捕食する。しかし、キビタキは木の梢には出ず、樹冠の内部で、さえずり、採餌する。樹冠の内部に広く、明るい空間のある林、落葉広葉樹林を好む。

以前は長野など広葉樹の多い場所でしか見ることができなかったが、近年は東海地方の平野部でも繁殖している。三重県でも生息範囲が拡大しているようである。青山高原でも近年は数が増えている。

さえずりはピッコロのような澄んだ音色で複雑、変化に富む。メスは鈍いオリーブグリーンでオオルリのメスとよく似て野外では識別が難しい。沖縄南部、八重山群島では越冬する。

Language

9月 2021
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.