Crested Kingfisher

(Megaceryle lugubris)

ヤマセミ

カワセミの仲間であるが、カワセミより遥かに大きく、川の上流に棲む。上面は白と黒のぶちで、頭にはボサボサの冠羽がある。野外では白っぽく見えることが多い。

カワセミと同じく、流れのよどみで魚を狙う。目立つ羽色のせいか、あまり、開けた場所には出てこず、木立で囲まれた餌場を好む。土の壁に巣穴を掘る。カワセミの巣穴より、かなり大きい。キャラッ、キャラッと鳴く。冬には下流へ降りてくることもある。

県内での生息数は多くない。カワセミと同じく、巣穴を掘る土壁が不足しているようである。中流から上流における河川改修により、樹木などで閉鎖された河川環境が少なくなり、営巣環境が失われる場合が多い。しばしば土木工事でできた土壁を使う。

Language

1月 2020
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.