Yellow-throated Bunting

(Emberiza elegans)

ミヤマホオジロ

西日本で越冬するホオジロの仲間。東日本ではごく稀である。オスは顔に鮮やかな黄色があり、すぐに識別できる。下面は白く、脇に茶色の縦斑がある。メスは黄色が鈍いので、他のホオジロ類と見間違うこともあろう。メスの顔はカシラダカと似るがカシラダカほど明瞭な模様ではない。幼鳥は黄色が明確でない。

繁殖

東アジアに生息し、分布は狭い。朝鮮半島や中国東北部、シベリア東部で繁殖し、秋には日本、中国南部へ渡る。日本では西日本で多く、朝鮮半島から直接飛来すると想定される。近年、対馬、隠岐、広島県臥竜山、島根県三瓶山など、西日本日本海側各地で繁殖が記録されるようになった。繁殖域が拡大している可能性がある。また、渡りの時期は北海道の日本海側を少数が通過する。

三重県内でも越冬するが、数はあまり多くなく、また、大きな群にはならず、林縁などでひっそりと越冬する。カシラダカのように開けた場所にはあまり出ない。

Language

8月 2022
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.