Dusky Thrush

(Turdus naumanni)

ツグミ

おなじみの冬鳥。ロシア極東部で繁殖し、秋におびただしい数のツグミが大陸からやってくる。

越冬地は日本、中国などである。数も多く、よく目立つので、冬鳥の代表格である。上面は赤茶色に黒い模様があり、下面は白く、黒い斑点が密に散らばっている。雌雄はよく似ていて、区別が難しい。下面の斑点が赤茶色の亜種ハチジョウツグミもしばしば見られる。

以前はカスミ網で、大量に捕られ、焼き鳥にされた。今では法律で禁止され、密猟も今ではほとんど無くなったようである。冬には地上で、小動物を漁り、また樹上で野生の果実を食べる。水田などの耕地にもよく見られる。春は遅く、ゴールデンウィークまで、日本にとどまる。

Language

4月 2021
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.