seitaka

セイタカシギ Black-winged Stilt ( Himantopus himantopus )

 セイタカシギはユーラシア、アフリカ、大洋州、南北アメリカの温帯、及び熱帯地方に生息する。渡りをする個体群も多いが、日本では周年生息し、環境省のシギ・チドリモニタリング調査の最大数を合計から推定すると全国で140羽から400羽程度が生息するであろう。

三重県における繁殖

三重県では通常は数羽から20羽程度の単一のあるいは複数の家族群で過ごす。他のシギ・チドリ類と異なり、大きな群が観察されたことはない。松阪市曽原大池で、2014年8月から9月にかけて38羽が数えられたのが、三重県のこれまでの最大数である。

国内での繁殖は1975年に愛知県で繁殖が確認されて以降、伊勢湾、東京湾等で繁殖例がいくつかある。2008年、2009年に四日市市の埋め立て地で記録された(安藤2008)。また、2012年には松阪市曽原大池で繁殖に成功した(今井 2012)。その後も幾度か産卵し、繁殖を試みているが、捕食などにより成功していない。

県下の伊勢湾西岸では松阪市五主海岸とその周辺にまとまった個体数が通年生息している。さらに繁殖に適する湿地がある貴重な場所と言えよう。

Language

6月 2019
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.