カンムリウミスズメ

カンムリウミスズメ Japanese Murrelet ( Synthliboramphus wumizusume )

本種は日本、韓国の離島で繁殖するウミスズメの一種である。ウミスズメとはほぼ同じ大きさであるが、換羽が顕著であり、頭部の白黒のパターンが異なることで識別できる。

繁殖地

他の多くのウミスズメ類と異なり、暖帯海域で繁殖する。ロシアのウラジヴォストク近郊のピョートル大帝湾でも幼鳥が見つかっており、繁殖の可能性があるが、確証はない。

日本での繁殖地は三重県耳穴島の他、宮崎県枇榔島、京都府沓島、福岡県沖ノ島属島小屋島、伊豆諸島等が知られている。離島の絶壁の岩穴などを巣とし、ヒナが孵化するとすぐに海に出るため、繁殖つがい数の推定が難しい。

IUCN のレッドリストでは成鳥で10,000個体を越えないであろうと推定されている。最近の公益財団法人日本野鳥の会の調査では、伊豆諸島で1,000羽程度が棲息すると推定している。本種は環境省レッドリストでは絶滅危惧第II 類(VU)とされ、さらに国指定の天然記念物とされている。

県下の繁殖地

紀伊長島沖の耳穴島で繁殖する。繁殖数は不明であるが、100羽前後と推定される。周囲には大島、赤野島など多くの無人島があるが、耳穴島以外での繁殖は確認されていない。ドブネズミなど陸上捕食者の影響も考えられる。

12月頃紀伊長島沖の海域に現れ、3月頃にはつがいを形成し、3月末から4月にかけて産卵する。24 ないし25 日の抱卵の末、生まれた雛はすぐ海へ入り、親鳥に伴われて過ごす。5月にはこの海域を去る。

繁殖期以外にこの海域でこの鳥を見かけることはまずない。この海域でもレジャーの海釣りが近年は盛んで、無人島に上陸し、長時間滞在し、また、繁殖期に高速で繁殖地周辺を航行するなど、繁殖の妨害になる行為があとを絶たない。

同海域は国設鳥獣保護区に指定されているが、環境省も有効な対策を講じえていない。また、近年営巣状況の調査もされていない。

海鳥の繁殖地ではしばしばドブネズミにより、大きな打撃を受けるあるいは絶滅することがある。繁殖地は無人島であり、本来ドブネズミはいないはずであるが、漁船や防波堤工事などの作業船によって運ばれ、定着すると繁殖するヒナや親鳥をねらう。九州の沖の島の属島、小屋島ではカンムリウミスズメが侵入したドブネズミにより、絶滅状態である。耳穴島でも調査し、ドブネズミの生息が確認されれば駆除すべきであろう。

Language

8月 2019
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.