ヤイロチョウ

ヤイロチョウ Fairy pitta ( Pitta nympha )

名の通り、豊かな色彩をもつ、ヤイロチョウ科の小鳥。丈夫な足を持ち、夏鳥として日本に飛来し地上近くで営巣する。タイ、マレーシア、台湾、中国南部など東南アジアに広く生息する。日本は分布の北限にあたる。

IUCN のレッドリストでは絶滅が危惧されるVUとされている。東南アジアでは森林伐採などで影響を受けていると考えられる。日本での生息状況は明らかでない。西日本の常緑広葉樹林に夏鳥として飛来し、繁殖する。地上でミミズなどの餌をとる。高知県では恒常的に繁殖しているという。IUCN では日本での生息数を50~1000羽と推定している。

県下での状況

三重県中南部でホヘン、ホヘンと聞こえる独特なさえずりを聞くことがあり、生息していることは確実であり、繁殖していると考えられる。この鳥が好む、シイ、タブノキなどの常緑広葉樹林は植林などですでに県下でもごく少なくなっている。現在残っている常緑広葉樹林は大切に保護すべきであるし、できれば拡大すべきである。生息分布域は三重県レッドリストでも公表されていない。生息地を公表することで、カメラマンが集中することはこれまでの各地の例から明らかであり、公表することができない。

Language

3月 2019
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.