玉城町の勝田池は当会でもしばしば探鳥会(参考 2018/04/04 勝田池探鳥会)が行われてきた。カモ類が多く、カワセミも生息する。また、ガンカモ調査の調査地点でもある。平地に堤防をくの字形に築き溜池としたものである。近年のサニーロードにより、2つに分断されている。玉城インターからすぐ近くである。なお、グーグルマップでは大池と記載されている。

最近、この池にソーラーパネル設置の計画があることが明らかになった。池の面積0.55haの約半分にソーラーパネルを浮かべるという計画らしい。松阪市三雲町大池(通称ボラ池)と同じである。ソーラーフロートの面積からして、開水面はある程度残るかもしれない。しかし、あの林を伴った池の風景は一変し、カモの飛来も少なくなるだろう。また、その他の水鳥も少なくなろう。

松阪市三雲町の大池(通称ボラ池)、五主池などにはすでにソーラーフロートが設置されている。とうとう内陸の池にまで、ソーラーが及んできた。

当会は地元の県議会議員と話し合い、計画の見直しはできないか口頭で申し入れたが、受け入れられなかった。 当会としては玉城町などに計画の見直しを要望する予定である。

勝田池勝田池

四日市の山手、小林町、山田町、および波木町の足見川左岸(北岸)の山林約100a にメガソーラー計画があり、現在県条例による環境アセスメントが進められている。事業主は東京の会社(代表者 金田直己氏)であり、同社は四日市桜町にも同様なメガソーラー計画を進めている。

続きを読む...

愛知県瀬戸市の海上の森(かいしょのもり)は愛知万博の会場候補地となっていましたが、オオタカの棲息が確認され、その他植物も貴重な自然が残されているとのことで会場とならず、守られてきました。その海上の森の民有地のヒノキやスギの林がおよそ2ヘクタール伐採され、ソーラーパネルが設置されました。

続きを読む...

12月22日(土)に浜田まさよし参議院議員、松阪市の山本節市議会議員、松岡恒雄市議会議員が五主海岸を視察しました。当会からは、継続的に五主海岸を観察している今井、野鳥記録担当理事の安藤、副代表の近藤などが参加し、雲出川河口から、五主大池、曽原大池を見てもらいました。

続きを読む...

曽原大池の様子このホームページの探鳥地のコーナーでも紹介している雲出川河口・五主海岸の曽原大池(ボラ池)に、太陽光発電施設「フロート式ソーラーパネル」が設置され、水鳥たちはいなくなってしまいました。

野鳥の会三重としては、県へ要望書を提出するなどの活動を行っています。

 

続きを読む...

このホームページの探鳥地のコーナーでも紹介している雲出川河口・五主海岸の曽原大池(ボラ池)に、太陽光発電施設が設置されるということで工事が始まっています。そのため、残念ながら水鳥たちはいなくなってしまいました。

曽原大池の工事中の様子1

2015/10/2 重機による工事が行われている

曽原大池の工事中の様子2

2015/10/2 水鳥たちはいなくなってしまった

Language

4月 2018
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.