シロチドリ

シロチドリ Kentish plover ( Charadrius alexandrinus )

三重県の海岸に通年生息する小型のチドリ、県の鳥にも指定されている。分布は広く、ユーラシア大陸北部、北米に生息する。冬には集団になることが多い。春から夏にかけて海岸の砂地、まばらに植生のある場所に卵を産み、ヒナを育てる。コアジサシがコロニーを作り、営巣する場合にはその中に混じって営巣する場合もある。

 繁殖

巣は砂地のやや高い場所に作る。何も巣材を使わないかあるいは貝殻などを少しだけ敷き、ややくぼませる。その中に3 個の卵を産み、抱卵する。オスも抱卵に加わる。メスが抱卵している場合、オスは近くで警戒していることが多い。

卵は白地に黒あるいは褐色の不規則な模様があり、巣を見つけることは極めて困難。抱卵通常4 月から始まり、3週間程度である。 雛は孵化するとすぐに歩くようになり、親に連れられて巣を離れる。

雛が孵化するのは5 月中下旬。雛は餌を自分で取り、親からは給餌を受けない。外敵が近づくと、流木やゴミのそばにうずくまり、動かない。雛は保護色であり、砂浜では見つけることがきわめて困難である。約3週間で飛べるようになる。飛べるようになった鳥は羽色から親鳥と見分けがつく。

県内での繁殖状況

県内では津市の町屋浦、豊津浦などの海岸で多く繁殖が見られたが、今では少ない。吉崎海岸ではかつてコアジサシが集団営巣した際に多数が繁殖した。その後も数年は繁殖が見られた。志摩半島でも繁殖の記録がある。また、鈴鹿川中流でもかつては繁殖していたが、現在の状況は不明である。

抱卵期は春のゴールデンウィークと重なり、海岸利用客が巣のそばに長時間いすわると巣を放棄する可能性がある。かつては津市の海岸に自動車を乗り入れて、水上スクーターで遊ぶのが見られたが、現在はほぼ全域で自動車が乗り入れられなく、車の乗り入れによる繁殖妨害はなくなった。しかし、かつての繁殖数には回復していない。

渡り

シロチドリは三重県で通年観察されるが、渡りをしており、繁殖期の個体群と越冬期の個体群は別である可能性がある。繁殖期が終わった7 月には渡りの群と思われる集団が表れる。この群は繁殖個体のように海岸の内部まで入り込まないし、個別の行動をすることは少ない。また、冬に熊本県で足環を付けられたシロチドリが繁殖期に吉崎海岸で釣り針にかかり落鳥している。

繁殖適地の減少

全国的にも個体数が減っていると思われる。砂浜海岸は三重県では見られるものの、都市近郊ではほとんどなくなっている。特にシロチドリの繁殖する内湾の砂浜は東京湾、大阪湾などでは皆無といってよい状態であり、伊勢湾知多半島側、三河湾でもほとんど見られない。繁殖地の喪失が大きな要因であろう。

瀬戸内での繁殖状況については情報が少ない。また、かつて高度成長期にしばしば見られた人工の埋め立て裸地がなくなっており、シロチドリがコアジサシと集団繁殖することも少なくなっていると思われる。

三重県の自然海岸は近年減少していない。自動車の乗り入れが無くなり、繁殖条件は向上したと考えられるが、繁殖数が増えたとは思われない。人間による繁殖の攪乱以外の原因もあるのかもしれない。野鳥を観察している時、稀にシロチドリのヒナや巣を見つける場合がある。しかし、カメラでヒナを追い回す行為や、巣の近くに陣取ったりすることは慎むべきである。標識調査など、やむをえない場合を除き、ヒナに近づくべきでない。

Language

3月 2019
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.