三重県は南北に細長く、北部の鈴鹿山地から日本最多雨地帯と言われる大台山系、紀伊山地に代表される山間部、里山の面影を残す田園地帯、木曽三川から雲出川・櫛田川・宮川に代表される伊勢湾に面した河口部の干潟や湿地、島嶼や志摩半島から熊野灘にかけての外海に面した海岸線や暖帯林など、多様な環境にめぐまれ、多くの種類の野鳥を観察することができます。

ここでは初心者・一般向きに公共の公園などを中心に、ごく簡単にご紹介します。

木曽岬干拓地 両ヶ池 北勢中央公園 鈴鹿山地≪執筆中≫
海蔵川 高松海岸 鈴鹿川派川  
三重県民の森 町屋浦 上野森林公園 安濃川・志登茂川河口
安濃ダム(錫杖湖) 横山池 雲出川河口・五主海岸 青山高原
櫛田川・金剛川河口 松阪森林公園 ちとせの森 宮川河口
五十鈴公園 南亦山森林公園 志原川 熊野川

フィールドは地元の方々にとって大切な生活の場です。野鳥に対しての配慮はもちろんですが、狭い道に車を止めない、地元の方には挨拶をする、ゴミは捨てない(問題外)、樹木や草本を傷つけない、などのマナーを守って気持ちよく観察しましょう。また、観察や撮影のために野鳥に餌を与えたり、野鳥の声のCDなど音源を流して呼び寄せることは生態系の攪乱、繁殖の妨げとなりますので、慎みましょう。

Language

8月 2017
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.