安濃川

概要

安濃川と志登茂川が隣接して海に注いでいる。砂州があり、干潮時には干潟が表れる。カモメ類、シギチドリ、カモ類が多い。

とりわけミヤコドリは冬季ほぼ確実にみられ、中には越夏する個体もある。コクガンが越冬する時もある。ホオジロガモ、ウミアイサが河口近くまで来て、採餌することもあり、じっくり見られる。

【お勧めの季節など】

冬のミヤコドリ・コクガン・ホオジロガモ、ウミアイサなど。干潮の時は遠くいる場合が多い。満潮近くがお勧め。

【見られる鳥】

ミヤコドリは満潮時に砂州に並んでいる。

マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、スズガモなど、カモ類が観察できる。

ホオジロガモ、ウミアイサ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリなどは通常沖合遠くに浮かんでいるが、河口付近まで来て採餌することもある。

冬のカモメ観察も面白い。ハマシギ、ミユビシギの他、渡りの時期にはチュウシャクシギ、キアシシギなども見られる。

その他、カワウ、サギ類なども観察できる。ミサゴが飛来する時もある。春秋にはユリカモメ、セグロカモメの大群が羽を休める。

所在地

津市島崎町高洲町

【アクセス】

Googleマップで見る

安濃川河口右岸先端付近の堤防から観察するのがベスト。

自家用車 ≫ 津市内を南北に国道23号が走り、それと並行に走る県道114号線(通称バイパス)がある。県道114号からパチンコ屋(パーラーサンプラザ)のある交差点で海側へ折れる。堤防へ突き当たる直前で左折し、津市中央浄化センターの東側(海側)にある駐車場に入る。

小さな公園になっており、そこから堤防へ登ることができる。浄化センターからは駐車場に入ることができないので、浄化センター内には入らないよう注意する。

公共交通機関 ≫ 津駅から徒歩でも河口へ行くことができる。約2km程度である。 

【駐車場・施設など】

河口右岸の公園にトイレがあり、10台ほどの駐車スペースがある。

フィールドは地元の方々にとって大切な生活の場です。野鳥に対しての配慮はもちろんですが、狭い道に車を止めない、地元の方には挨拶をする、ゴミは捨てない(問題外)、樹木や草本を傷つけない、などのマナーを守って気持ちよく観察しましょう。また、観察や撮影のために野鳥に餌を与えたり、野鳥の声のCDなど音源を流して呼び寄せることは生態系の攪乱、繁殖の妨げとなりますので、慎みましょう。

Language

1月 2019
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.