志原川周辺

熊野灘にむかってゆったり流れる志原川下流域。

志原川周辺

農耕地では春秋にシギやチドリの姿も見られる。

 

概要

紀南地方におけるバードウオッチングの最適ポイント。志原川にそって、国道42号線西側に湿地と農耕地が広がっており、水辺の鳥やホオジロ類が多い。

【お勧め季節など】

春秋の渡りの季節、特に初夏。冬はホオジロ類や猛禽類も見どころ。

【見られる鳥】

春はサギ類が多く、夏羽のアマサギは特に多い。旅鳥のムナグロなども飛来。

オオヨシキリも紀南でここ一カ所、付近のアシ原で繁殖する。アシ原は夏期、ツバメやスズメのねぐらとなる。

冬期は、アオジ、オオジュリン、ベニマシコ、カシラダカ、ホオアカなどが農耕地やアシ原で越冬する。それを狙ってチョウゲンボウやハヤブサ、オオタカやハイタカなどの猛禽も見られる。

カモ類は数、種類ともに少なめ。人家付近ではイソヒヨドリもよく見られる。カラムクドリ、ホシムクドリ、ギンムクドリなどが観察されることもあるので、ムクドリにも注意したい。

所在地

南牟婁郡御浜町志原ほか

【アクセス】

Googleマップで見る

自家用車 ≫ 自家用車では国道42号線を南下。熊野市を過ぎ御浜町に入ったあたりの内陸側がポイント。

公共交通機関 ≫ 最寄り駅はJR神志山駅だが、列車の本数は少ない。

【駐車場・施設など】

特にない。自家用車は駅付近から県道52号線に入って1.5Kmほどのところにある志原公民館などに置かせてもらい、歩くこともできる。

探鳥地紹介者より

どこも同じだが、農耕地では農作業のじゃまにならないよう注意しよう。

フィールドは地元の方々にとって大切な生活の場です。野鳥に対しての配慮はもちろんですが、狭い道に車を止めない、地元の方には挨拶をする、ゴミは捨てない(問題外)、樹木や草本を傷つけない、などのマナーを守って気持ちよく観察しましょう。また、観察や撮影のために野鳥に餌を与えたり、野鳥の声のCDなど音源を流して呼び寄せることは生態系の攪乱、繁殖の妨げとなりますので、慎みましょう。

Language

5月 2019
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.