Mandarin Duck

(Aix galericulata)

オシドリ

オスは誠に鮮やかな色彩。とくに三列風切の銀杏羽は他のどの鳥にもない形である。メスは灰褐色で至って地味であり、目の周りが白い。

三重では主に越冬する群を見ることができるが、現在恒常的に越冬が見られる場所は県内で数ヶ所しかない。山間のダムで、岸近くに茂みのある場所を好む。普段は開けた水面に出ず、岸に上がって休んでいる。冬にはオス同士がメスをめぐって小競り合いをするのをよく見る。キャラッ、キャラッと甲高い声で鳴く。驚くと水面に降りる。日の当たる湖面を群飛する姿は見事である。冬はどんぐりなどを好む。他のカモ類と異なり木の枝によく止まる。

この種は東アジアの特産種であり、中国、韓国などで繁殖し、日本などで越冬する。日本で越冬する鳥の多くは大陸で繁殖すると考えられるが、詳細は不明である。姿が美しいため、ヨーロッパでも飼われ、公園などで、定着し、繁殖している。

日本での繁殖は中部地方以北各地の山間部で見られるが、数は多くない。長野県上高地では以前から繁殖しており、上高地から徳沢へ至る登山道の周辺でつがいを見る。この頃、オスは派手な冬羽を落とし、メスと同じ地味な姿になる。ただ、くちばしが赤いのでオスと識別できる。

巣は他のカモ類と異なり、高い木の樹洞を使う。巣立つ時、ヒナは樹洞から飛び降りるが、軽いので、地上に落ちても怪我をしないという。その後親に連れられて水面に出る。水辺近くに樹洞があることが必要なので、繁殖できる場所はそんなに多くない。繁殖期にはかたつむりなど動物を好んで食べる。三重県でもいくつか繁殖地があるが、繁殖番数はごく少ない。繁殖地を公表するとカメラマンが集中すると考えられる。情報の公開には十分注意すべきである。

Language

4月 2021
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.