2017年11月18日にチュウヒサミットを開催します。
開催の詳細についてお知らせします。

2017/11/18開催しました。
近日中に「チュウヒサミット宣言文」をここに掲載します。


生物多様性条約第10回締結国会議が名古屋で2010年に開催されました。そのパートナーシップ事業としてチュウヒサミット2010が開催されて7年が経ちました。絶滅危惧種のチュウヒの生態研究などは進みました。しかし、各地におけるチュウヒの生息環境はより厳しい状況のようです。この集会では、最新のチュウヒに関する研究などを紹介し、チュウヒの保護に役立てます。
なお、このチュウヒサミット2017は日本鳥学会津戸基金の助成を受けて開催されます。


概要

 日時  2017年11月18日(土)10時から17時
 場所

名古屋市立大学 桜山キャンパス
医学研究科・医学部研究棟
11階講義室大

交通アクセス キャパスマップ

★地下鉄桜通線 桜山駅(4)番出口が便利です(当日、出口付近でスタッフが案内します)。

 テーマ  日本国内におけるチュウヒの生態とその保護の進め方について
 参加対象 

 チュウヒに興味のある方はどなたでも参加できます(参加申し込み不要)

 参加費

 無料
ただし、資料を必要な方には資料代の負担をお願いします(1,000円)

 要旨集

サミットで配布した資料は、下記の住所に一部あたり1,000円の郵便為替を入れ、送り先 の住所、名前も明記した紙も同封し、送ってください。 宛名面隅にチュウヒサミット資料送付希望と明記してください。

※配布はチュウヒサミット終了後になります。

宛先 〒511-0123 三重県桑名市多度町北猪飼521 近藤義孝

 

プログラム

 午前 (10:00~)
   ポスター発表 

1 サロベツ・エコ・ネットワーク  長谷部 真
(公財)日本野鳥の会  浦 達也
日本野鳥の会三重  平井 正志

 

2 日本野鳥の会岡山県支部  多田 英行
チュウヒの繁殖へのメガソーラーの影響

午後 (12:30~)  
             開会の挨拶 日本野鳥の会愛知県支部代表  新實 豊
 基調講演1

日本野鳥の会岡山県支部  多田 英行
日本のチュウヒの生態 ~地域や季節による多様性~

 基調講演2 道央鳥類調査グループ  先崎 啓究
北海道におけるチュウヒの生態
 基調講演3 (公財)日本野鳥の会  浦 達也
今後の「チュウヒの保護の進め方」について
各地からの報告     

1 日本野鳥の会北九州支部  三上 剛・前田 伸一
「チュウヒの国内南限繁殖地」 福岡県北九州市響灘地区の現状報告

2 日本野鳥の会大阪支部  清水 俊雄
カムバックチュウヒプロジェクト
(大阪府堺市産廃埋め立て処分地のチュウヒの繁殖と環境保全)

3 東京都市大学  平井 千晶
北海道サロベツ湿原におけるチュウヒの営巣環境選択

4 日本鳥類標識協会  中川 富男
チュウヒが受けるストレス

5 日本鳥類標識協会  中川 富男・一北 民郎
日本国内で繁殖するチュウヒの分散の把握について

6 日本野鳥の会三重  近藤 義孝
木曽岬干拓地でのチュウヒの繁殖の現状と今後の懸念

質疑応答  

 主催 日本野鳥の会愛知県支部 日本野鳥の会三重 名古屋鳥類調査会
 共催 公益財団法人日本野鳥の会

Language

11月 2017
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

会員ログイン

  • 野鳥の会三重の会員の方はここからユーザー登録できます。 ⇒ユーザー登録

mail to jimukyoku mail to hp 会報へのご意見・ご投稿 mail to data page mail to photo page

__________________________________________________________________________________________________________________

Copyright © 2004-2015. 日本野鳥の会三重 All Rights Reserved.